岡山で学べる財林の韓国語講座

韓国についての基礎情報

国名の正式名称は?
大韓民国  (Republic of Korea)です。
人口は?
4,727万人(2000年)世界第26位。そのうち約4分の1が首都ソウルに、約2分の1が首都圏に住んでいます。
ちなみに北朝鮮の人口は韓国の半分くらいです。
面積は?
99,314平方キロメートル。日本の約4分の1です。
時差は?
日本と同じで、時差はありませんので、飛行機内で時計の修正は必要ありません。
住みやすいの?
ソウルの気温は岡山より平均2~3度低いです。日本に比べると梅雨どきや夏の盛りにもジメジメした蒸し暑さは感じられず、冬は厳しく長いです。ソウルでも氷点下20度まで気温が下がる時もあります。
日本に比べると、火山の噴火や地震の恐れもないうえ、台風や洪水など自然災害に見舞われることも少ないです。
国旗は?
太極旗といい、東洋哲学の陰と陽の原理を象徴しています。
国旗の中心の円は「宇宙最高の原理」を意味する「太極」というもので、同じようにふたつに分かれた赤と青は、それぞれ「陽」の宇宙の力と「陰」の宇宙の力、 水と火、女と男、静と動などを表し、この「力」ふたつで無限の空間・継続的な動・バランス・調和を表します。四隅には宇宙を創る四つの要素(天・地・水・火)が描かれており、対立と均衡を表現しています。
首都は?
ソウルです。
ソウルという名称は比較的新しく、1945年にそれまでの京城(キョンソン)という呼び名に代わって付けられました。由来は、4世紀から10世紀にかけて、朝鮮半島にあった国の古い言葉ソラボル(王の都)から名づけられ、漢字はありません。
教育は?
教育制度は日本と同じ6・3・3・4制です。ただし義務教育は小学校までです。日本では4月入学、3月卒業ですが、韓国では3月入学、2月卒業です。
高学歴社会で、大学進学(専門学校、短大を含む)率は約50%です。日本より教育ママが多いとのこと。
交通事情は?
首都圏は地下鉄が発達していて便利です。4~5分おきに列車が出ています。
バスも多く、バス専用レーンがよく見られます。
タクシーは「一般タクシー」と「模範タクシー」があります。慣れていない日本人は模範タクシーに乗ることをお奨めします。
自動車は日本と逆で右側通行です。歩行者よりも車優先で歩行者にはやや不便かもしれません。歩行者用の青信号時間は非常に短いので、信号無視して道路を横断する姿がよく見られます。運転が荒いのか、交通事故も日本よりかなり多いです。
自転車に乗っている人はほとんどいません。

岡山で学べる財林の韓国語講座

韓国旅行で日本人が驚くこと

物価が安い!
1万円をウォンに両替すると、約10万ウォンになります。
平均物価は日本の半分ぐらいですから、たくさん買い物をするなら、ソウルで買うのがお徳です。最近は日本も眼鏡が安くなってきましたが、以前はソウルまで行って眼鏡を作ってもらった方が、日本で作るより、早く、安い(往復の交通費を入れても!)ので、眼鏡を買いに行く日本人客も少なくありませんでした。もちろん、今でも韓国の眼鏡は人気があります。
交通費は安く、中高生でもタクシーに友だちと気軽に相乗りできるほどです。電話も安いです。
成人男性には兵役の義務がある!
韓国では20歳以上の男子には陸軍、海兵隊が26ヶ月、海軍が28ヶ月空軍が30ヶ月の兵役が義務付けられています。
大学に在学中の人は、卒業時の24歳まで入営を遅らせることができますが、就職の時に、兵役を終えていることを条件にしている会社が多いため、在学中に休学して兵役を勤める人がほとんどです。
除隊後は、10年間は年に二回の軍連が45歳までは年に4回の民間防衛軍連があります。
ちなみに、韓国軍60万人に対して、北朝鮮軍は120万人です。
タクシーに知らない人がいきなり乗り込んできた!
タクシーには、一般タクシーと模範タクシーがあり、一般タクシーは相乗りをします。つまり、座席が余っていれば、同じ方向のお客さんを拾って行きます。運転も粗い場合が多く、スピード重視です。値段は3倍ぐらいになりますが、日本人には模範タクシーがお奨めです。それでもあまり高くありません。
公衆電話の受話器が外れたままのものをよく見かける!
電話が終わって通話料が余ったら、受話器を戻さず保留にすれば、次の人が余った通話料で話ができるので、親切でそうしています。
自動車が右側通行だ!
韓国はアメリカと同じで、日本と逆ですね。日本では時々左折可になっている交差点を見かけますが、韓国では右折はだいたい可ですので、信号で止まって後ろの車にクラクションを鳴らされないように。

最高額の紙幣が10,000ウォンですから、韓国ではお金を払う時は小切手に当たるスピョ(手票)やクレジットカードがよく使われています。