子育て研究所

躾(しつけ)、教育、育児に悩む親や教師のための学習サイト - 新しい子育て法を提案します

Lesson 1-4 事例2

 [ 事例2 ]
 学童保育の現場での一場面です。

 おやつの時間が終わり、後片付けです。テーブルを片付ける当番は決まっています。先生はおやつの前に念を押すように、
「今日の後片付け当番は誰ですか?」と当番の子供たちに挙手させました。
 おやつの後、ほとんどの当番は自分の班のテーブルを片付けましたが、3班のさとし君は、一目散に運動場に遊びに行って、サボってしまいました。その時、私は見学という立場でその場にいたのですが、現場の先生から「さとし君がサボって運動場の方に行ったわよ!」と声をかけられました。
 そこの学童保育の指導員は皆さん優しい方ばかりでしたが、なかなか子供が指示に従わないという場面もしばしば見られました。

 さて、あなたがその現場の先生もしくは私の立場だとして、後片付けをサボって逃げていったさとし君に対してどのように対処するでしょうか?
 この問題もすぐに答えを見ずに、じっくりと考えてから答えを見てください。それは考えることによって、あなたの子育ての技術がアップするからです。