資本主義に替わる新しい社会システムを考えよう

資本主義に替わる理想的な社会システムと未来のビジョンを提示します

生体社会システム論 - 目次

まえがき

第一章 資本主義に替わる社会システムの考察
 資本主義の修正ではダメな理由
 資本主義というOSを書き換える
 バイオミメティック社会論の基本思想
 資本主義の修正ではもはや乗りきれない
 いくら努力しても資本主義を立て直せない
 お金について考えてみよう
 お金は必要不可欠なものなのか
 お金は人を幸せにするのにふさわしい道具なのか
 お金は血液のようなもの
 お金の望ましい状態とは
 この章のまとめ

第二章 バイオミメティック経済論
 血液とお金の違いについて考える
 生体社会での通貨の特徴1 ~減価する通貨~
 生体社会での通貨の特徴2 ~貯蓄額の上限の存在~
 生体社会での通貨の特徴3 ~ベーシックインカム制度の導入~
 ベーシックインカムにより人々が働かなくなるのではないか
 ベーシックインカムの原資はどうするのか
 生体社会でのお金の流れ
 この章のまとめ

第三章 生体社会システムで社会がどう変わるか
第1節 労働について
 無駄で非効率な仕事にあふれた資本主義社会
 生体社会が目指すのは分業社会
 高齢化社会も問題ない
 失業率が高くても問題がない
 無駄な経理が簡素化される
 税の申告が不要になり、税務署も不要になる
 消費を喚起しなくてもよい
 企業間で無駄な競争をしない
 神様があなたに給料を支払うとしたら
 労働と賃金
第2節 企業について
 生体社会の企業の目的
 生体社会の企業の特徴
 特徴1 利潤追求の義務が企業にはない
 特徴2 給料の支払い義務が企業にはない
 特徴3 雇用の義務がない
 特徴4 企業存続の義務がない
 特徴5 税申告の義務がない
 特徴6 社員に貢献する
 特徴7 企業を統制する
 税の徴収と新システム下での税務署の役割
第3節 金融について
 利子を取ることの禁止
 株式や投資の禁止
第4節 情報について
 情報の一元化
 広告専門組織の設立
 情報の無料化
第5節 議会について
 議会の必要性
 議員の選出方法
 議員の選出方法
 議員の報酬
 議員の仕事と議会の概要
 議員の仕事と望ましい議員像
 政治家のリーダーシップについて
第6節 生体社会での社会保障制度について
 ベーシックインカムについて
 保険制度について

第四章 新社会システムが実現するであろう社会像
 20XX年、日本
 家電量販店の販売員
 ファミリーレストランで働くウェイトレス
 証券会社の社員
 税務署職員
 建設業者
 派遣社員
 作家
 実業家
 町工場経営者
 専業主婦
 広告代理店社員
 政治家
 医者
 警察官
 農家
 まとめ(ジャーナリストの感想)

第五章 どのように生体社会を実現するのか
第1節 生体社会を実現する3種類の方法
 トップダウン方式
 ボトムアップ方式
 海外方式
第2節 既存の団体との連携を探る
 地域通貨との違い
 各種社会福祉団体との連携

第六章 資本主義経済システムと生体社会システムの比較

第七章 生体社会システム論に対する批判への反論
 通貨が減価するなら金や銀に換えて保有すればいいので、減価システムは成り立たない
 橋下徹氏が代表の維新の会についてどう思うか
 競争こそが経済の発展の原動力であり、競争を排除するのは逆効果だ
 善意に基づいて成り立つという社会システムは危ういのではないか
 不動産による不労所得はどのようになるのか
 通貨の減価が本当に好景気をもたらすのか(ヴェルグルの奇跡)

第八章 むすびとお願い